0

ポーリングとは

❏概要

ポーリングは、定期的な問い合わせの事。定期的に問い合わせる事で

・相手がどんな状態か?を知る。
・どんな要望をもっているのか? を知る。

郵便ポストを巡回している回収員さんもポーリングスキームですよね。

❏特徴

・問いかけが一方方向
・問いかけが定期的、一定間隔で実施

メリット

・ループするだけなので、プログラミングが用意
・相手が応答できるか確認に使える
・纏めて一括処理ができる

ポーリングと対極なのが、「イベントドリブン」「割り込み」といった、
デマンドに応じて処理がされる。

どこで使われる?


Weblogicサーバ内の監視はMBeanというJavaオブジェクトにより実装されている。
接続プールとは、APサーバとDBサーバ間のコネクションを予め張っておき、アプリケーションがコネクションを利用しやすくする仕組み。予め張られたコネクションが正常かどうかをWebLogicは定期的に監視してる。

NTP

時刻同期も同じく、NTPサーバに定期的に問い合わせ(ポーリング)を実施し、自分の時間が正しいかどうかを確認する仕組み。

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です