0

デフォルトルート、GW、デフォルトルートGW の違いについての覚書

ある人からの説明でスッキリしたので、紹介します。

gw

■ デフォルトルート

すべての経路を指し示す特殊経路のことで、「0.0.0.0/0」で表します。
ルータはパケットのIPアドレスとルーティングテーブルを照合して、
ルーティングテーブル上に一致するエントリがない場合は、デフォルトルートの転送先(ネクストホップアドレス)にパケットを中継します。
「Last Resort」とも表現され、「残された最後の経路」といった意味合いです。

■ ゲートウェイ

異なるネットワーク同士を接続するネットワーク機器
ゲートウェイ = デフォルトルート

ゲートウェイとデフォルトゲートウェイの違いは?

■ ゲートウェイ

自身にルーティング機能がある場合(ルータ)

■ デフォルトゲートウェイ

自身にルーティング機能がない場合(PC,SW)


具体的にイメージしにくい人は、ISPのインターネット接続サービスを考えてみてください。

isp_defaultroute

インターネット上の経路は非常にたくさんあり、すべての経路をルーティングテーブルに載せることのメリットはありません。

そこで、社内のネットワークに対するエントリは、きちんとルーティングテーブルに登録します。
その他のネットワーク、つまりインターネット上のネットワークのエントリとしてデフォルトルートを設定し、ネクストホップとしてインターネットサービスプロバイダのルータを指定します。
ISP側のルータは、インターネット上のすべてのルートを知っているので、ISPにパケットを送ってしまえば、あとはルーティングしてくれるということになります。

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です