0

よく使うinformation_schemaのテーブル まとめ

よく使うテーブルのメモ
テーブルの中身については見ればわかるので割愛。

・tables
・columns
→名前の通りテーブルやカラムの情報がおさめられている。
 主にカラムのリネーム時などに影響範囲の調査でお世話になる。
 あとは桁数がそろっているか等。
 シェルスクリプトから呼び出して利用することもしばしば

・statistics
→インデックス情報が登録されている。
 ↑の2つと合わせて開発環境、本番環境で違いがないか調べたりする時に便利。

・referential_constraints
→外部キー制約情報が登録されている。
 どのデータを消すとどこに影響があるかがわかるので便利。

・processlist
→show processlistと基本的には同じ。
 ただし、where句が使えるので、host等で抽出できるのが便利。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です