0

localeがずれ、時刻表示が日本語表記でなくなった時の対処方法

五月雨で失礼します。

先ほどの記事の直後に本事象発生しました。
直接の原因かは定かではありませんが、
対処方を残します。

■locale定義
-f オプションには文字コードを、-i オプションでは元となる locale を指定します。
CentOS 6 の場合は実は locale 自体は /usr/share/i18n/locales に既に様々なものがインストールされていて、今回利用するのは /usr/share/i18n/locales/ja_JP というファイルです。
なので、このファイルを ja_JP.utf8 として定義してあげればOK。

# localedef -f UTF-8 -i ja_JP ja_JP.utf8

■定義した ja_JP.utf8 を locale として設定

# vi /etc/sysconfig/i18n
[修正前]
LANG="en_US.UTF-8"
SYSFONT="latarcyrheb-sun16"

[修正後]
LANG="ja_JP.utf8"
SYSFONT="latarcyrheb-sun16"

ゲストOSを再起動後、dateコマンドで日本語表記されているはずです。

$ date
2015年  5月 11日 月曜日 00:22:34 JST

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です