0

リダイレクトを実現している「標準ファイル」

Linuxではリダイレクション機構を「標準ファイル」とよぶ論理的な入出力装置名により実現しています。標準ファイルには,
(1)標準入力ファイル
(2)標準出力ファイル
(3)標準エラー出力ファイル
の3種類があり,これらはそれぞれ,論理的な入力装置,出力装置,エラー出力装置を示します。

つまり,リダイレクションが使えるコマンド(UNIXコマンドのほとんどですが)のプログラムでは,特別な場合(たとえば,特定のファイルから入力しなければいけないとか,プリンタのためのコマンドのようにどうしてもプリンタを出力装置にしなければならないときなど)を除いて,入力は標準入力から,出力は標準出力から,というようにプログラミングされています。こうしておくと,実行時に標準入力の指定に < を,標準出力用には > か >> を用いることで,自由に入出力装置やファイルを選択できるわけです。

1-1

もし, < や > を指定しないときには,標準入力はキーボード,標準出力は画面になります。

複数処理のリダイレクトは()が必要です。

date; ls >file1
*lsコマンドの実行結果しか file1 に入りません。 ; で両者のコマンドが完全に区切られるから
(date; ls) >file1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です