0

Macで余計なアプリを使わずにターミナルでzipファイル(パスワード付)を作る方法

❏ zip <zipファイル名> <zip化対象ファイル>

オプション
-r ディレクトリを再帰的にzip処理
-e 暗号化。zipパスワードを設定いたい時に必要

$ zip -r -e rb.zip `ls | grep rb`
Enter password:
Verify password:
updating: rb/ (stored 0%)
updating: 1.rb (stored 0%)
updating: 10.rb (stored 0%)
updating: 2.rb (stored 0%)
updating: 3.rb (stored 0%)
updating: 4.rb (stored 0%)
updating: 5.rb (stored 0%)
updating: 6.rb (stored 0%)
updating: 7.rb (stored 0%)
updating: 8.rb (stored 0%)
updating: 9.rb (stored 0%)
updating: enc-rb_arc.tar.gz (deflated 3%)
updating: enc-rb_arc.zip (stored 0%)
updating: rb_arc.zip (stored 0%)
updating: test.rb (stored 0%)
$
$
$ ll
-rw-r--r--  1 updeepdj  staff  6425  9  9 12:28 rb.zip
$ file rb.zip
rb.zip: Zip archive data, at least v1.0 to extract

これで、パスワード付ZIPファイルが作成されました。

❏ 補足: 運用管理観点でのメモ残し

ファイルサイズが気になる場合
gzip圧縮 6425 → 4682

$ ll
total 16
-rw-r--r--  1 updeepdj  staff  4682  9  9 12:28 rb.zip.gz
$ file rb.zip.gz
rb.zip.gz: gzip compressed data, was "rb.zip", from Unix, last modified: Fri Sep  9 12:28:05 2016

tarボール 6425 → 4796

$ tar cvzf rb.tar.gz ./rb.zip
a ./rb.zip
$ file rb.tar.gz
rb.tar.gz: gzip compressed data, from Unix, last modified: Fri Sep  9 12:49:20 2016
$ tar tf rb.tar.gz
./rb.zip

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です