0

manコマンド 使い方 まとめ

先日、crontabの設定をmanページ参照してわかりますか?
と、質問した時のことでした。

Aさんが投入したコマンド

man crontab

結果

CRONTAB(1)                                                          CRONTAB(1)

名前
       crontab - 各ユーザーのための crontab ファイルを管理する (V3)

書式
       crontab [ -u user ] file
       crontab [ -u user ] { -l | -r | -e }

説明
       crontab  は、Vixie Cron パッケージの cron(8) デーモンの運用に使われるテーブルをインストール・アンインストール・表示するためのプログラムである。ユーザーはそれぞれ自分用の crontab を保有で
       きる。これらは /var 以下に置かれるが、直接には編集できないようにしてある。

       allow ファイルが存在する場合、ユーザーがこのコマンドを使用するには、そのファイル中に(そのユーザーが)リストアップされている必要がある。 allow ファイルは存在せずに deny ファイルが存在 す
       る場合、ユーザーがこのコマンドを使用するには、 deny ファイル中にリストアップされて いない 必要がある。いずれのファイルも存在しない場合、スーパーユーザーのみがこのコマンドを使えるか、ある
       いはすべてのユーザーがこのコマンドを使えることになり、そのいずれであるかはサイトに依存した設定パラメータによって決まる。

       -u オプションでは、対象となる crontab の所有者名を指定する。このオプションが与えられていない場合、 crontab は "あなたの" crontab 、すなわちコマンドを実行している人の crontab を調べる。な
       お、 su(8) を使っていると crontab を混同しかねないため、 su(8) 内部での実行中は、安全のため常に -u オプションを使うべきである。

       このコマンドの 1 つ目の書式は、新しい crontab を(何らかの名前の付けられた)ファイル、もしくは標準入力(疑似ファイル名 ‘‘-’’ が与えられた場合)からインストールするために使われる。

       -l オプションは、現在の crontab を標準出力へ表示させる。

       -r オプションは、現在の crontab を削除する。

       -e オプションは、環境変数 VISUAL もしくは EDITOR で指定されているエディターを使って、現在の crontab を編集するのに使われる。編集終了後、変更された crontab は自動的にインストールされる。

関連項目
       crontab(5), cron(8)

ファイル
       /etc/cron.allow
       /etc/cron.deny

準拠
       crontab  コマンドは、IEEE Std1003.2-1992 (‘‘POSIX’’) に準拠している。この新しいコマンドのシンタックスは、 Vixie Cron の前のバージョンと異なっている (古典的な SVR3 シンタックスとも異なる)
       。

返り値
       正しくないコマンドラインでこのコマンドを実行すると、多少の情報を含む利用法のメッセージが表示される。

著者
       Paul Vixie 

4th Berkeley Distribution      29 December 1993                     CRONTAB(1)

間違っていないのですが、目的のページではなく、
コンフィグの設定情報みたいなら・・・

そこで今回はmanコマンドの使いかたを纏めます!

■man

man [オプション] [セクション番号] キーワード

コマンドや設定ファイルのためのオンラインマニュアルページ(manページ)が用意されています。

[オプション]

-k
キーワードに一部一致するコマンドやファイルのmanページを一覧表示

[セクション番号]
セクション番号 内容
1 ユーザコマンド
2 システムコール(カーネルの提供する関数)
3 ライブラリ関数
4 デバイスファイル
5 ファイルのフォーマット
6 ゲームプログラム
7 マイクロパッケージ、プロトコル、ファイルシステムなど
8 システム管理コマンド
9 Linux独自のカーネル用ドキュメント

コマンドセクションを省略して man crontab を投入すると、
セクション番号の小さいほうのマニュアルが表示されます。

$ man -k cron
/etc/anacrontab [anacrontab] (5)  - configuration file for anacron
anacron              (8)  - runs commands periodically
cron                 (8)  - daemon to execute scheduled commands
crontab              (1)  - maintain crontab files for individual users
crontab              (1p)  - schedule periodic background work
crontab              (5)  - tables for  driving cron (ISC Cron V4.1) ←★
crontabs             (4)  - configuration and scripts for running periodical jobs
munin-cron           (8)  - A program to batch other Munin master programs
設定ファイル情報を参照したいのであれば、下記のようにします。
man 5 crontab

結果

CRONTAB(5)                                                          CRONTAB(5)

名前
       crontab - cron を駆動するための一覧表

説明
       crontab  ファイルには cron(8) デーモンへの命令が「この日付のこの時刻にこのコマンドを使用せよ」という形式で書き込まれている。ユーザはそれぞれ自分用の crontab を持っており、各 crontab に与
       えられたコマンドは、その crontab を所有しているユーザの権限で実行されることになる。 UUCP や News はたいていそれぞれの crontab を持っているので、 cron コマンドの一部で su(1) を明示的に 実
       行する必要性はない。

       空 行および行頭のスペース・タブは無視される。行先頭の空白以外の文字が # の行はコメント行であり、無視される。 cron コマンドとしての行に注釈としてのコメントを入れることはできない。それらは
       コマンドの一部とみなされてしまう。同様に、環境変数を設定している行にコメントを入れることはできない。

       crontab の動作行は、環境変数の設定か cronコマンドのいずれかである。環境変数の設定は以下の形式をとる:

           name = value

       ただし、等号 (=) 両側のスペースはなくても良い。 value 内部の (先頭ではない) スペース文字は、値の一部として name に与えられる。 value 文字列は引用符で括ってもよい (シングルクォートでも ダ
       ブルクォートでも良いが、揃っている必要がある)。こうすれば先頭や末尾の空白を値に渡すことができる。

       い く つ か の環境変数は cron(8) デーモンによって自動的に設定される。 SHELL は /bin/sh に設定され、 LOGNAME とHOME は /etc/passwd の crontab の所有者の行から設定される。 HOME と SHELL は
       crontab 内部の記述で変更できる。 LOGNAME は変更できない。

       (さらに注意:LOGNAME 変数は、 BSD システムではまれに USER と称される...  これらのシステム上では USER も設定される。) LOGNAME, HOME, SHELL の他に、 cron(8) は「この」crontab を実行した 結
       果メールを送る必要が生じた場合、 MAILTO も参照する。もしMAILTOが定義されていたら (およびそれが空でなかったら) その名前のユーザーにメールを送る。 MAILTO が定義されていても値が設定されてい
       なければ (MAILTO="")、メールは送信されない。 MAILTO が定義もされていなければ、メールは crontab の所有者に送られる。 cron をインストールする際に、メーラーを /usr/lib/sendmail  で は な く
       /bin/mail にしていると、このオプションは便利である。 /bin/mailはエイリアシングを行わないし、 UUCP はたいていこのメールを読まないからである。

       cron  コマンドの形式は V7 標準そのものであるが、多くの上位互換な拡張がある。各行には 5 つの時刻・日付フィールドがあり、 (システムの crontab ファイルの場合) ユーザー名が続き、さらにコマン
       ドが続く。分・時・月が現在時刻と一致し、かつ、 2 つの日フィールド (月内日または曜日) のいずれかが現在時刻と一致すれば (以下の「注意」を参照)、コマンドが cron(8) によって実 行 さ れ る 。
       cron(8) は毎分に一度 cron エントリを調べる。時間と日付フィールドは以下の通り:

              フィールド 指定可能な値
              ・
              ・
              ・

*補足*

manが英語表記の場合
ロケールの設定を確認してください。

cat /etc/sysconfig/i18n
- - -
LANG="C" ←★
SYSFONT="latarcyrheb-sun16"

LANG=ja_JP.utf8 に変更します。

置き換え
sed -i 's/C/ja_JP.utf8/' /etc/sysconfig/i18n
*1 -i がないと、全置換後の結果を標準出力に吐き出して、ファイルは書き換えない。
*2 -i オプションは、GNU sedである必要があります。
  詳しくは→ 改行に置換するためのワンライナー集(TR/SED/PERL) 、あとMAC標準のSEDはPOSIX準拠なのでGNU準拠のSEDを使いましょう!を参照ください。
確認
cat /etc/sysconfig/i18n
- - -
LANG="ja_JP.utf8"
SYSFONT="latarcyrheb-sun16"

設定を反映
. /etc/sysconfig/i18n

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です