0

[実践] lessコマンド のgrep機能、tail -f機能

less の tail -f モード的な何か
(less で) shift+Fでtail -fモードに。Ctrl+Cで脱出

他にも機能あるかなーと思ってmanを覗いていたら、grep モード相当の機能を発見。
less の grep モード的な何か

       Display  only  lines which match the pattern; lines which do not
       match the pattern are not displayed.  If pattern  is  empty  (if
       you  type  &  immediately  followed  by ENTER), any filtering is
       turned off, and all lines are displayed.  While filtering is  in
       effect,  an  ampersand  is  displayed  at  the  beginning of the
       prompt, as a reminder that some lines in the file may be hidden.

       Certain characters are special as in the / command:

       ^N or !
              Display only lines which do NOT match the pattern.

       ^R     Don't interpret regular expression  metacharacters;  that
              is, do a simple textual comparison.

lessで「&」を入力して検索語句を指定すると、検索語句が含まれる行のみ表示される。
いちいちlessを抜けてgrepする必要なし。

ぬおおぉぉぉ!!!

ただ、この機能が追加されたのはlessのtarball同梱のNEWSによるとバージョン418から424の間の模様。

======================================================================
        Major changes between "less" versions 418 and 424

lvは残念ながら現時点では対応していない。

❏ 各システムの対応状況 纏め

システム	対応状況
CentOS	CentOS5以降対応
Debian	testing(squeeze)以降対応
Fedora	10以降対応
Gentoo	2009年2月以降対応
Ubuntu	Ubuntu 9.10(karmic)以降対応
Vine	5.2以降対応
Cygwin	対応(対応時期不明)
Mac OS X	10.6.5時点で未対応
FreeBSD	8.2以降対応
NetBSD	未対応
OpenBSD	不明

MacOSユーザはソースからインストールするか、brewなどからインストールし対応可能。

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です