0

env – 環境変数を設定してプログラムを実行

envコマンド:環境変数を設定してプログラムを実行するコマンド

■ 書式
env [オプション]

■オプション

-0	表示する行の終端を改行ではなく値が 0 のバイトにします。
-i	環境変数が無い状態でプログラムを実行します。
-u 変数名	指定した変数名が環境変数の一覧にある場合は、それを削除します。

オプションなしでコマンドを実行すると定義されている環境変数が表示されます。

$ env
SHELL=/bin/bash
TERM=xterm-256color
USER=karuma

… 中略 …

MAIL=/var/mail/karuma
PATH=/usr/local/bin:/usr/bin:/bin:/usr/local/games:/usr/games
PWD=/home/karuma
LANG=ja_JP.UTF-8
SHLVL=1
HOME=/home/karuma
LOGNAME=karuma
_=/usr/bin/env

■ 環境変数を指定して、コマンドを実行
以下の例では「LANG=C」で、lsコマンドのマニュアルを参照。

$ env LANG=C man ls

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です