0

任意のOfficeアプリケーション(2003)起動の度に「Office 使用許諾契約書への同意」が要求される場合の解決方法

久しぶりの投稿でWindowsネタ、しかも今やMSもoffice365、OSも無償提供な時代の中、
今回は逆行するようなoffice2003ネタをお送りします。

はい。完全に自宅PCネタでございます。

office2003愛好家は少なからずいるはずだ!と信じ、備忘録として記事に残します。

ことの経緯はwindows環境を再構築したときより、本事象が発生するようになった。

■事象

任意のofficeアプリケーション起動時に「使用許諾契約書への同意」が毎回求めらる、、、
ものすごい地味なストレス弾・・・

さっさと直しましょう!

■解決方法

①まずは管理者権限が付与されているアカウントでwindowsにログインします

②レジストリーエディターを起動
windowsキー + r ⇒ ファイル名を指定して実行:regedit で起動させる。
Windows 2000 Server を使用している場合:regedt32 で起動させる。

③次のレジストリ サブキーのうち、適切なものを見つけて右クリック

■32 ビット版の Windows の場合:

2010 Microsoft Office スイートの場合:
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Office\14.0
2007 Microsoft Office スイートの場合:
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Office\12.0
Microsoft Office 2003 の場合:
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Office\11.0
Microsoft Office 2002 の場合:
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Office\10.0
Microsoft Office 2000 の場合:
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Office\9.0

■64 ビット版の Windows の場合:

2010 Microsoft Office スイートの場合:
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Wow6432Node\Microsoft\Office\14.0
2007 Microsoft Office スイートの場合:
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Wow6432Node\Microsoft\Office\12.0
Microsoft Office 2003 の場合:
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Wow6432Node\Microsoft\Office\11.0
Microsoft Office 2002 の場合:
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Wow6432Node\Microsoft\Office\10.0
Microsoft Office 2000 の場合:
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Wow6432Node\Microsoft\Office\9.0

④[アクセス許可] をクリック

⑤[Users (Computer_name\Users)] をクリックし、アクセス許可の一覧で [フル コントロール] の [許可] チェック ボックスをオン

⑥[OK] をクリックし、レジストリ エディターを終了

⑦Office プログラムを起動し、使用許諾契約書に同意

⑧手順⑤ で [Users (Computer_name\Users)] に付与した [フル コントロール] アクセス許可を削除
⇒[Users (Computer_name\Users)] を見つけてクリックし、アクセス許可の一覧で [フル コントロール] の [許可] チェック ボックスをオフ

⑨[OK] をクリックし、レジストリ エディターを終了

これで次回起動時より、同意を求められることはなくなります。

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です