0

sedで一発:制御文字 ^M の出力を消す方法

■Windows で作成したファイルの改行コード

CR + LF

■Unix で作成したファイルの改行コード

LF


Windows で作成したテキストファイルを vi で開くと、
すべての行末に制御文字「^M」が出力され、
不愉快な思いをした人もおおいでしょう。

元ファイルを改行コードをLF指定で保存し直すのもめんどくさいし、、
そんなときはsedですよ。

:%s/^M//g

因みに、制御コード ^M を入力する際の注意点
[Ctrl] + [V] キーを押してから、[Ctrl] + [M] キーをタイプしエントリする事。
単純に文字列として「^M」と打っても制御コードとして認識しません。

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です