0

ネットワーク接続ウィンド を1発で開く方法

昨今ではネットワーク利用が当たり前になり、
それに伴う、ネットワークトラブルもたまにありますよね。

Windowsユーザでしたら、

コントロールパネル > ネットワークと共有センター > 左ペイン内アダプタ設定の変更

上記階層まで降りてから、
ネットワーク接続ウィンドにアクセスするかと思います。
ただ、これステップ多くて面倒。
またWindows8以降のUI変更に伴い、
そもそもうろたえるユーザも多いと思います。

そこで、
今回は上記ウィンドウに1発アクセスする方法を
紹介します。

仕組みは、コントロールパネル上のファイルを指定して開いてるだけであります。

やり方

Winキー + Rで「ファイル名を指定して実行」ウィンドウを開け、

ncpa.cpl 

と、入力する。

いちいちマウスを動かさなくてもネットワーク接続のウィンドウが開けるようになります。

ncpa.cpl

覚え方

なにかと自分で確認でき、
使うこともあると思い、
覚え方も考えてみました。

ネット(net)をクリア(clear)にする、パッ(pa)!

cplはコントロールパネルファイルの拡張子です。
コントロール・パネルの各アイテムの実体は、
SystemRoot%\system32の下にあるファイル群です。

つかえそうなの

ncpa.cpl

ネットワーク接続

inetcpl.cpl

インターネットオプション

powercfg.cpl

電源オプション

desk.cpl

画面オプション

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です