0

[COFFEE BREAK] 情報処理能力をあげるための脳の仕組みとその昇華プロセスを纏めてみた。

情報の効き目は遅い

人間は1回で行うだけで物事を100%理解してしまい、それを一生忘れないことはあり得ないという、素晴らしい脳の機能がある。

1回読んだか聞いただけだと、
内容はほぼ忘れてしまうと言ってよいでしょう。

何度も基礎を叩き込んで、細胞の芯までに浸透させなければ知識をものにすることはできない。

それだけ、知識というものは、曖昧な状態が長く、身となるまでに時間がかかるものであり、
驕り、過信は論外である。

もっとも、その取り込んだ知識の期待効果を存分に発揮するまでには更なる時間を要するのは容易に想像に足りますよね。

同じビジネス本を50回読んだところで、それを自分の人生に当てはめるには、様々な経験(アウトプット)をする必要があるからだ。

経験を通して、脳の情報処理方法が研ぎ澄まされていき、体系的に物事を考えられるようになっていく。

体系的に物事を考えられるようになった時、
「基礎が全て、応用はその後」とやっと心の底から考えられるようになる。

脳の情報処理能力が研ぎ澄まされていくまでに時間がかかる仕組みについて触れたいとおもう。

脳にはフィルター機能がある

情報のすごいところは、時間をおいて立場、状況が変わった時に再度読み返すと、違った気づきが得られる場合があるということです。

同じことを習っても人生のステージによって、
閃き具合が変わってくる。

それは、無意識(潜在意識)の中にあるフィルターの特性が変わるからだ。

脳にはフィルター機能が備わっている。
無意識のうちにその時に必要な情報と不要な情報をフィルターしてしまう。

その時に、必要ないと思われるものはフィルタリングされ、脳によって切り捨てられてしまう。

しかし、一旦必要になると、フィルタリングを通りぬけ、情報おちしなくなる。

例えば、「トイレに行きたい」という気持ちは脳のフィルターを強烈に、急激に変化させるわかりやすい例だ。
情報の処理能力にも無意識の中にあるフィルタ機能が同じように使われている。

情報処理能力は上記の例ほど急激な変化はないが、経験を積むことで着実に、確実にフィルターの質に変化がでてくる。

今まで切り捨てられていた情報も、人生のステージが変われば、必要になってくることもある。

時間をおいて以前読んだ本を再度読み返すと、
フィルターの質が以前とは変わっているため、受け取り方が変わっている筈だ。

この受け取り方が以前と変わっているというところが「キー」だ。

故に、前に進むことも大事だが、今までインプットした情報を時間をおいて、再インプットすることも必要ということだ。

まとめ

情報の大切さは言わずもがな、絶対に軽視してはいけない。
主体的に全ての情報と向き合う必要がある。
整理、管理していくことが今後ますます必要な社会となっていくから。
また、取り込んだ情報の習熟度合いを高め、昇華させるためには、ある程度の熟成期間が必要であり、
その体感プロセスにおいて、インプット、アウトプットの両輪を同時に回す必要がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です